水草水槽 と 写真 と 音楽

夜間エアレーション、髭コケ、PH変動

髭コケが増えつつある60cmアマゾニア+化粧砂水槽の対策は無いかと、
いろんなブログを見ていると、
「夜間エアレーションをやめると髭コケが無くなった」
という記事を見た。

????

これってアクアジャーナルで書いてるのと真逆では???
ということで、、、
ADAにメールで問い合わせてみた。
個人の疑問に返事なんか来るのかなぁ?と思いつつ待つ事、数日・・・
返事来た・・・しかもめちゃくちゃ丁寧に。
ありがたや〜ADAに感謝!

以下、メール本文。

ADA製品をご愛用いただき、ありがとうございます。

お問い合わせの内容につきまして、エアレーションと髭ゴケの関係は不明です
が、おそらくpHの変化によるものと考えられます。

因果関係があるかどうかは不明ですが、髭ゴケはpHが高い(アルカリ性)ほうが
発生しやすいと言われています。エアレーションを行うと基本的にpHが上昇しま
すので、エアレーションで髭ゴケが発生しやすくなるという説が出ているのだと
思われます。

弊社の考え方としましては、日中CO2を添加している水草レイアウトでは、夜間
の酸欠を防ぐためエアレーションを行うことをおすすめします。特に水温の上昇
する夏季にはエビ類やフィルター内の好気性バクテリアが酸欠を起こしやすく、
夜間エアレーションを行っていない水槽では翌朝にエビが死んでいたり、水面に
油膜が発生しやす傾向があります。

髭ゴケにつきましては、サイアミーズ・フライングフォックスという魚が食べま
すので、これを60cm水槽に1匹くらいの割合で入れることをおすすめします。
なお、フィルターのろ材が汚れている場合や、水槽内に汚泥が蓄積している場合
も藻類が発生しやすくなります。ろ材が汚れている場合はバケツに開けて水槽の
飼育水で軽くすすいでください。また、水草の間にたまっている汚泥は、換水で
水槽から水を抜く際に、ホースので先端を底床に近づけることで汚泥だけを吸い
出すことができます。あまり近づけすぎると、水草や底床まで吸い込んでしまう
のでご注意ください。

以上、よろしくお願いいたします。


と言う内容。

なるほど。PHの変動かもしれないのか。
アクアジャーナルでエアレーションとコケ(藻類)発生の徹底検証でもしてくれないかねぇ。

サイアミーズ・フライングフォックスは去年3〜4cmの幼魚3匹投入してみたが、
ウィローモスばっかり食べて、、、
しかも2週間もしないうちに3匹ともダイブしてお星様に・・・。
10月に新潟のNAギャラリーに行こうと思っているのだが、
何が一番見たいって、レイアウトはもちろん、「コケ」の現実が知りたい。
2年前までメダカも飼ったことの無かった自分には、コケの実態はまだまだ未知の世界。

ちょっと違うかもしれないが、
水草レイアウトにチカラを入れているショップの展示水槽も
コケだらけ(特に髭コケ)のお店が多々あるように思う・・・。
もちろん綺麗に管理してある素晴らしいレイアウトもたくさんある。
接客等で管理が出来ないのか?それとも気にしてないのか?
そんなコケだらけの、「水草のプロ」が管理しているはずの水槽を見る度にゲンナリしてしまう。
コケだらけの水槽の前で、水草用品について力説されてもねぇ・・・。
実際自宅で始めるまでうちの嫁さんは、
「水草水槽はコケだらけの水槽になる・・・」って思ってたらしい。

某大型店でレイアウト水槽を見ていた娘が
「パパこの水槽コケがたくさん生えてるね!エビさん食べないの?」
って言うのには参った・・・。

AJにはコケを恐れて肥料などを控えてると水草の生長が悪くなり悪循環だ、
という記事もあるが、初心者には疑問だらけで、

石組に化粧砂で、すこーしだけ水草の植わってるレイアウト、あれはコケ生えないの?とか。
「換水は2週間に1度でほとんどコケも生えない水槽」なんてのもあるけど、ほんと?とか。

全て実物を見てみたい。
その地域の水質の影響もあるのだろうか?
都内の水はコケが生えやすい!なんて事もあり得るのか。

e0240394_2254311.jpg

by 60-30-36 | 2011-09-15 02:30 | 水草レイアウト