水草水槽 と 写真 と 音楽

溶存CO2濃度を測ってみた

しばらく測っていなかったので、
照明点灯から、「7時間後」の溶存二酸化炭素の濃度を量ってみた。
テトラの試薬を使用。
3本全ての吸水側に「CO2マスター」使用。
CO2マスターからフィルターまでの距離は約20〜30cmに統一している
---------------------------------------------------------------
45-24-30(ADA mini.L)

添加量 = 10秒間に7滴
溶存CO2 = 6mg/l
PH = 6.8
油膜 = 無し
コケ = 無し
水草 = グロッソスティグマ、ウィローモス
照明点灯時間 = 9時間(AXY ツイン 450)
濾過 = エーハイム 2213 + 2213(サブフィルター)
低床 = NEWアマゾニア + パワーサンドS
素材 = 流木
---------------------------------------------------------------
60-30-36(ADAキューブガーデン)陽性水槽

添加量 = 10秒間に20滴
溶存CO2 = 24mg/l
PH = 6.6
油膜 = 無し
コケ = アオミドロ、髭コケ、共にほんの少し
水草 = グロッソ、テネルス、有茎草多数、クリプト、ミクロソラム、アヌビアス、モス
照明点灯時間 = 7時間(ADAソーラー1)
濾過 = テトラ EX75(バイオリオ + ブラックホール1個)
低床 = 旧アマゾニア + パワーサンドM
素材 = 流木
---------------------------------------------------------------
60-30-36(ADAキューブガーデン)陰性水槽

添加量 = 10秒間に9滴
溶存CO2 = 8mg/l
PH = 6.8
油膜 = 有り
コケ = 髭コケ
水草 = クリプトコリネ多数、アヌビアス、ウィローモス、ボルビティス、バリスネリア・ナナ
照明点灯時間 = 7時間(AXY NEXUS 606)
濾過 = テトラ EX75(バイオリオ)+ エーハイム2213(サブストラットプロ)
低床 = 旧アマゾニア + ADAナイルサンド + パワーサンドS
素材 = 流木(ADAブランチウッド)
---------------------------------------------------------------
こんな結果に。
どうも45cmのグロッソが生長少し遅くなったなぁと思ったら、
生長して増えた分CO2消費量が増えていたのか・・・。
1ヶ月前と同じだった添加量をすぐに10秒間で10滴まで増やしておいた。
陰性水槽のほうは、小さい気泡出まくりなのだが、試しに増やして様子を見てみることに。
15mg/l位まで上げてみようとおもう。
ちなみに、
どの水槽もエビは元気に活動中。

e0240394_18325289.jpg

Nikon D7000
Tamron SP AF90mm F2.8 DI Macro
ISO 800
f5.6
1/250
by 60-30-36 | 2011-10-01 21:10 | 水草レイアウト