水草水槽 と 写真 と 音楽

ミニL(過去のレイアウト写真)

カウンターキッチンに置いているADAミニL(30-24-30)水槽、
昔のレイアウト写真を載せてみる。
ここは元々薄型の12リットル水槽を置いていた。

この水景、どれも完成まで至らずで、すぐにレイアウトを変えていたので
本格的な撮影をしておらず器具など付いたまま・・・。
反対のキッチン側からも綺麗に見えるように低床を真っ平らにしてた時期。

ソイル以外は現在と同じなのにもかかわらず、
グロッソスティグマの生長が恐ろしく遅く悪かったのが印象深い。

低床は確かアマゾニア2だったかと思う。パワーサンドSも1リットル使用。
流木の組み方はとても気に入っていたので、
現在は低床をNEWアマゾニアに変えて、グロッソ、ウィローモスだけのレイアウトに変更している。
             
       45cm水槽導入最初のレイアウト
       アヌビアス・ナナ(プチ)が調子良すぎて山みたいになっている。
       震災後、水位をかなり下げた為、水面から出てしまった葉は枯れた ↓
e0240394_0333897.jpg


          同じ日の別角度から(器具はPhotoshopで削除...) 
          グロッソ同様にヘアーグラスがまるで育たなかった ↓
e0240394_0333488.jpg


    
        アヌビアスを全撤去して、60cmで育ったミクロソラムに変えた
        グロッソはあまりにスカスカだったのでPhotoshopで追加 ↓ 
e0240394_0535348.jpg



        キッチンの蛍光灯 + トレーシングペーパーで簡易白バックに
        グロッソは加工無し(スカスカ)   ↓  
e0240394_0533595.jpg


     リセットの少し前、ミクロソラム・ナロー(トロピカ)が絶好調、
     グロッソは超低速で生長していた ↓  
e0240394_0532881.jpg



写真で見るより実際はグロッソの密度は低くて、枯れるか、コケが着いてしまっていたので、
カットしたり、引っこ抜いたりして、新しく60mから綺麗な葉を植えていた。
水は透明だったのだが、ガラス面は換水数日後すぐにコケで緑色になる状態だった。
生体は、ラスボラアクセルロディ・ディープブルー15匹、ヤマトヌマエビ5〜7匹。

ブランチウッドに似ているこの流木は取っても取っても「水カビ」が次から次に出てきて、
かなり手間が掛かった。
立ち上げ後すぐに髭コケも出てきてグロッソを覆った。
アヌビアスは換水の度に木酢液を希釈してスプレーした。
3ヶ月程経過して、アヌビアスからミクロソラムに変えた頃には水カビが出なくなり、
髭コケの勢力も弱くなっていた。
もしかしたら、グロッソの不調は流木から「何か」が出ていたのが原因だったのだろうか。

さて、明日は60cm水槽の解体をする予定。
クローゼットの衣替えが全て終わればの話・・・。
by 60-30-36 | 2011-10-19 01:23 | 水草レイアウト