水草水槽 と 写真 と 音楽

リセット風景(流木編)

さて、リセットの続きをご紹介。
うちにある流木は、枝分かれしていて綺麗な形状でも凸型に組もうとすると、
水槽のフチに立てかけるか、石を大量に使って固定しないと自立しないものがほとんどなので、
予定通り塩ビ板を使う事に。
今回の一番重要なテーマ「掃除、管理が楽なレイアウト」を常に意識して進める。


                  ストックの流木を引っ張り出す ↓
e0240394_18303777.jpg

         龍王石も併用してみたが、硬度、管理の事を優先して却下した ↓ 
e0240394_18502462.jpg

      ステンレスネジ、ロックタイも使わずに組んでみる、作業時間3分 ↓
e0240394_18313167.jpg

            1番好きな流木を塩ビ板にステンレスネジで留めた ↓
e0240394_18353123.jpg

               バラバラの流木はロックタイで留める ↓
e0240394_18395518.jpg

               左側はなんとなくイメージが固まった ↓
e0240394_18414025.jpg

              その後10パターン前後を写真に撮りながら詰めて行く
                          Aパターン ↓
e0240394_18423579.jpg

                          Bパターン ↓
e0240394_1844162.jpg

                          Cパターン ↓
e0240394_18531040.jpg

                          Dパターン ↓
e0240394_1844725.jpg


       1時間ほど試して、一番気に入ったEパターンに化粧砂を入れた ↓
e0240394_18444628.jpg



お!かっこいいかも!
これなら前面、背面、側面のガラス面の掃除もかなり楽そうだ。
凸型構図、良いじゃないか!
コケ落としは、ADAのプロレイザーを使っているので、この組み方なら5分もあれば、
ガラス面をピカピカに出来るはず。

流木をあーでもないこーでもないと組みながら、感じたこと。
それは・・・
木の質感の好みはあるが、ブランチウッドを使うレイアウトが
効率よく流木が組める最上の方法ではないか?特に60cm水槽では。
綺麗な枝振りの物も多い上に安価だし。切って使えば表現は無限大・・・。
今後はブランチウッドしか買わないんだろうなぁ、と思いながら作業を進める。
ちなみに、髭コケの落としやすさもブランチウッドは最高で、
ぼろぼろと木のカスが舞いにくいところも高評価だ。

ここで隣の水槽の消灯時間になった為、続きは明日にする事に。
明日起きて再度レイアウトを見て、まだかっこいい!と思えたら水を入れることにする。

今日のBGM
James Chance / Irresistable Impulse
by 60-30-36 | 2011-10-21 19:10 | 60cm(ナイルサンド水景)