水草水槽 と 写真 と 音楽

ADA Viewを見ていて感じた事

毎日のように配信されるADA View、
通知が来る度に見てはいるのだが、
立ち上げから1〜2ヶ月は、毎週いろいろな変化もあって
楽しく観ていたレイアウトも、半年程度が経過してからは
「今回の動画、前回とどう違うの??」 と感じる事がとても多くなった。
音声や字幕で解説が一切無いのであれば、
せめて同じ水槽を、1ヶ月単位で続けて観られるようにするのはどうだろう??

ADA viewで、毎回メンテナンス後の綺麗な状態ばかりではなく、
管理している様子も配信してくれると良いのだが・・・。

植栽やレイアウト中の様子などはちゃんと配信するのに、
管理中の動画こそ、初心者が一番知りたい情報では?思ってしまう。
少なくても自分は、日々のメンテナンスが観たい。
そのほうが自社のメンテナンス器具も売れると思うなぁ。

天野さんは写真家でもあるので、NIKONやCANONとコラボして、
コンデジやデジタル一眼でのレイアウト撮影講座とか?
例えば「ADA meets NIKON 」なんて素敵だけどなぁ。

アクアジャーナルのバックナンバーを有料でも良いので、
ネットで回覧出来るようにするとか。
ヤフオクでマメに探してはいるが、
なかなか出てこない号もあって、まだ全て読めていない。

決して文句が言いたいのでは無く、せっかく20周年だし、
どうせ時間を掛けて撮影して世界配信するのなら、
もっとおもしろい内容にすれば?、という願望。

今のままで十分面白い! と思う人もたくさんいるのかも知れないが、
まだまだ初心者の自分には、化粧砂の掃除をしている様子や、
髭コケを自社のプロピッカーで削り取ったり、
静止画のアクアジャーナルでは、伝わらない細かいメンテナンスの方法など
レイアウト水槽ごとに違うはずなので、それを観たいと思ってしまう。

水草を始めた頃に、プロピッカーを買ってはみたが、イマイチ綺麗に取れなくて、
しばらくは使って、結局ツメなどで擦って落としている・・・

メンテナンスの方法や、様々なコケの形、色、症状、対策などは、
色々な人のブログを読んで覚えていったし、
プラナリアやヒドラの事も全てブログからの情報。

特約店では、基本は接客中心で、メンテナンス風景をじっくり見る、教わる。
なんて事は余程常連さんじゃないと、なかなか難しいように思う。
そもそも、、、
超個人的意見なのは承知の上で書くと、
水草屋に限らず、良く行く中古レコード屋や、洋服屋、飲食なども
常連さんばかりが、無駄に長居しているお店はちょっと苦手。
親族が飲食業を経営しているので、余計にそう感じる。


話は変わり、

今回初めて使った低床素材、
アルティメット・グラベルやアルティメット・バクターの効果が、
はっきりと分からずにここまで来てしまった。

もっと水質について熟知した人が使えば、効果を実感できたのかもしれない・・・

この頃、そんな事を思いながら、ADAの配信動画を見ていると、
1年近く経過した水槽でも、かなり綺麗に管理されていて、
長期維持の秘訣はなんだろう? といつも不思議に思う。

特にウィローモスは、照明を10時間も点灯させているのに、
どの水槽もとても綺麗で、感心してしまう。(モスは苦手意識が強い)
非常にマメに手入れされているのは、当然ながら、
新潟の水はかなり良いと聞くので、原水の良さも多少は影響しているのだろうか。

いっそのこと、パワーサンドやアルティメット・グラベルなどは使わずに、
「プロジェクトソイル・エクセル」などの
栄養分を豊富に含まない?ソイルだけを敷いてレイアウトしたほうが、
レイアウト完成までは時間が掛かっても、綺麗に長期維持できるのか?
と思ったりしている。
ソイルの価格はアマゾニアの倍するが・・・
ADAしか知らないでここまで来たので全て未知の世界。

そんな事を思いつつ、次回のレイアウトを考えている。

長文になってしまった・・・・が、

一言で表すならば、、、

「様々な水槽での、メンテナンス風景をたくさん配信して欲しい」

以上!



髭コケ以外のコケは全く出ない、ナイルサンドだけを低床に敷いた水景、
撮影は5月末、油膜が少しだけ写ってしまったのが惜しい・・・。
撮影時の照明は、ソーラー1(NAMH)のみ。

現在スネール大発生、流木は髭コケまみれ。 ↓

e0240394_039724.jpg

Nikon D7000
Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM
ISO 1100
f 9.5
1/90




現在のBGM
Electric Guest / Mondo

by 60-30-36 | 2012-06-28 00:54 | 水草レイアウト