水草水槽 と 写真 と 音楽

カテゴリ:水質測定( 4 )

水質測定してみた(2012年6月4日)

TBS夢の扉で
天野さんの特集を見て、
なんだかやる気が出たので、、、

久しぶりに水質測定をしてみた。
最近3本ある水槽全てが、なんとなく調子を崩している・・・

CO2添加開始から2時間後の数値。

水道水
PH = 7.2
KH = 6
GH = 5 (TH換算90mg/l)

----------------------------------------------
60cm その1

素材 = 流木
低床 = アルティメット・グラベル、NEWアマゾニア
PH = 7.2
KH = 3
GH = 2 (TH換算35mg/l)
----------------------------------------------
60cm その2(リバースグレイン・ソフト6.8使用)

素材 = 流木、山谷石
低床 = ナイルサンド
PH = 6.6
KH = 2
GH = 2 (TH換算35mg/l)
----------------------------------------------
45cm

素材 = 流木
低床 = パワーサンド、NEWアマゾニア
PH = 7.2
KH = 5
GH = 2 (TH換算35mg/l)
----------------------------------------------

特に大きな変化は無かったが、
ブライティKを入れた直後だからか、
PHは、想像より若干高くなっていた。

45cm、
KHが、前回に比べて高い数値になっている。
ソイルの効果が切れているのだろうか???
調子が悪くなったタイミングと重なっている。

ナイルサンド水景は、
リバースグレイン・ソフト6.8はまだ効果が継続しているようで、
PH、KH、GH共にが結構低く維持されていた。

レイコン水景は、
ウィローモスがまたも絶不調で、
色がどんどん黒くなっている。
活着も弱くて、トリミング中に半分程吸い込まれて、剥がれてしまった・・・。
このレイアウト、何回やってもモスが綺麗に育たない・・・。

クリプトコリネ・ウェンティ(ブラウン)が若干半透明になっている、
近いうちにまた溶けると思う・・・。
グリーンは無事に育っている様子。


黒くなって新芽なんてまるで生えそうに無いウィローモス  ↓
e0240394_14204873.jpg

モスをトリミング後、寂しくなってしまった流木  ↓
e0240394_14202267.jpg

バジス・バジス  ↓
e0240394_142023100.jpg




現在のBGM
O.V. Wright / The Soul Of O.V. Wright

by 60-30-36 | 2012-06-04 14:23 | 水質測定

水質測定と水替えと木酢処理

水替え前に水質検査をした。
前回の換水から7日後、
照明点灯から5時間後、
の水質検査をした。

e0240394_22512374.jpg


---------------------------------------------------------------
60-30-36(ADAキューブガーデン)

水温 = 25度
CO2 = 10秒間に19滴 (CO2マスター使用)
PH = 6.9
KH = 4
GH = 5 (TH = 90mg/l)
COD = 6
NO3 = 5
PO4 = 0

油膜 = ほんの少し有り
コケ = 流木に少し黒髭コケ
照明点灯時間 = 6時間(ADAソーラー1 NAMH) 水面から40cm
濾過 = テトラ EX75(バイオリオ)+ エーハイム2213(サブストラットプロ+リバースグレイン・ソフト6.8)
低床 = ADAナイルサンド
素材 = 流木
エアレーション = 消灯時18時間 (エアマスター使用)
液肥 = グリーンブライティ・スペシャルSHADE(1日3プッシュ)、ECA(1日4〜5滴)
換水 = NAウォーター使用
---------------------------------------------------------------

GHがまた少し上がっている。リバースグレイン・ソフト6.8の効果が更に減って来たのだろうか。
KHは4で変わりなし、
1度完全に消えた油膜がほんの少し出ていた。
リンは今回も検出せず。
グリーンブライティ・スペシャルSHADEの添加を始めて1週間が経つが、
水草が養分を全て吸収しているようだ。侘び草の有茎草が少し早く育っているように感じる。

ラミレジィが引っ越してきたので、先週からエサの量を少し増やしているが、
ガラス面にコケは付いていない。

水質検査の後は20リットル程水替えをして、beソフトをキャップ2分の1添加した。
髭コケの特に酷かった流木2本は取りだしてブラシで洗った後、木酢液をスプレーして放置。
10分もすれば綺麗になった。ボルビティスも葉色の落ちた物を数枚カットした。
今回のレイアウトは、ほぼ全ての流木と水草を取り出せるようにしたのでコケ対策は楽に出来る。
これは狙い通り。

CODと硝酸塩は「共立理化学研究所」のパックテストを使用、50個入りでお得。 ↓
e0240394_22512582.jpg


e0240394_23495370.jpg

Nikon D7000
Sigma 24mm F1.8 EX DG DF Macro
ISO 1600
f13
1/45



現在のBGM
Battles / Gloss Drop
by 60-30-36 | 2011-12-19 23:30 | 水質測定

PH、KHが高いので添加剤を買ってきた

リバースグレイン・ソフト6.8を導入して、GHは4まで下がったが、
どうにもKHとPHが下がりきらないので、
毎日入れているブライティKの代わりに、PHを上げないでカリウムを添加できる
「グリーンブライティ・スペシャルSHADE」
を買ってきた。ついでにショップ店員さんにもいろいろと質問してきた。
これはリンや窒素、微量元素まで含んでいるそうなので、添加してしばし様子を見ようと思う。

それと、
対策として、初めてPH降下剤なる物も入れてみることにした。
Do aqua!の「beソフト」という商品、で他の降下剤にはリンが含まれているのだが、
これはリンを含んでいないのにPH、KHを下げる作用があると言う。
こちらも説明書通りに添加して様子を見ることに。

リバースグレイン・ソフト6.8の説明書には1週間もすればKH1、GH1になるような
記述があるが、それほど急激に落ちている様子はない・・・。
1ヶ月に1度以上、お湯で洗浄して下さい、と注意書きにあるので、
2週間前にお湯で洗浄したがまた洗浄してみることにした。
イオン交換樹脂にバクテリアなどの皮膜が出来ると効果が薄れるのだろう。

今月のアクアジャーナル面白い記事があまり無かった、
類似品との差なんかHPでやれば十分では?
雑誌で違いを説明しても類似品を買う人は、買うのをやめることは無いだろうし。
それこそ器具の説明は特約店に行かないとジャーナル買えないんだから
その時に聞けば良いのでは。。。

e0240394_15114051.jpg

そういえば、、、
前回のブログに、
「ミクロソリウムspトライデント」、
「ミクロソリウム・トライデント(アクアフルール)」
は別種なのか?と書いたら、
偶然にも昨日チャームさんから届いた金賞の賞品である水草セットに
「ミクロソリウムspトライデント」が入っていた。
現在チャームさんに同種なのか問い合わせ中。
いくつか検証した記事は見つけたが、まずはプロの意見を待とうと思う。

今日のBGM
Portishead / Portishead
by 60-30-36 | 2011-12-11 15:39 | 水質測定

水質測定してみた(2011年10月11日)

水質測定してみた。

・照明点灯、CO2添加開始後、7時間後
・CO2添加量はADAグラスカウンター使用
・換水後、4日経過


以下、詳細。
---------------------------------------------------------------
60-30-36(ADAキューブガーデン)陰性水槽

水温 = 25度
添加量 = 10秒間に9滴 (CO2マスター使用)
溶存CO2 = 8mg/l
PH = 7.4
KH = 3
TH = 50
COD = 4
NO3 = 10
PO4 = 0.1
油膜 = 有り
コケ = 髭コケ
水草 = クリプトコリネ多数、アヌビアス、ウィローモス、ボルビティス、バリスネリア・ナナ
照明点灯時間 = 8時間(AXY NEXUS 606)
濾過 = テトラ EX75(バイオリオ)+ エーハイム2213(サブストラットプロ)
低床 = 旧アマゾニア + ADAナイルサンド + パワーサンドS
素材 = 流木(ADAブランチウッド)
エアレーション = 消灯時16時間 (エアマスター使用)

---------------------------------------------------------------
45-24-30(ADA mini.L)

水温 = 24度
添加量 = 10秒間に10滴 (CO2マスター使用)
溶存CO2 = 14mg/l
PH = 6.7
KH = 2
TH = 35
COD = 4
NO3 = 20
PO4 = 0.1
油膜 = 無し
コケ = 無し
水草 = グロッソスティグマ、ウィローモス
照明点灯時間 = 9時間(AXY ツイン 450)
濾過 = エーハイム 2213 + 2213(サブフィルター)
低床 = NEWアマゾニア + パワーサンドS
素材 = 流木
エアレーション = 消灯時15時間 (エアーストーン使用)
---------------------------------------------------------------

COD、硝酸塩濃度は、共立理化学研究所のパックテスト50個入り(3900円)使用。
ADAパックチェッカーと同等品で数倍お得なので、オススメ。

e0240394_19102540.jpg

e0240394_19101824.jpg


それにしても・・・
60cm化粧砂水景 PH=7.4って!
そりゃ髭コケも出るはずだ・・・。
なんでPHがこんなに高いのか? それは見当もつかなので、
しばらく外していたドロップチェッカーを設置した。
化粧砂を使ってるため、アマゾニア使用量が少なくて高いのかも。
二酸化炭素濃度も添加量を若干増やしたのにもかかわらず、あまり変わってなかった。
明日から、10秒間に12滴前後まで増やして様子を見ようと思う。
エアレーションによるPHの変動を知りたいので、
この後寝てしまわなければ、2時間間隔でPHを計測してみようと思う。

それと、60cmのPH測定は前回完全にミスだった事が判明。理由は、、秘密・・・。
60Pはリンや硝酸塩も低めだが、油膜も出ているので、明日水替えしてみることにする。

e0240394_2127457.jpg

               ラスボラって正面からみると怖い顔してる。
by 60-30-36 | 2011-10-11 20:48 | 水質測定