水草水槽 と 写真 と 音楽

<   2011年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ラミレジィが貝を食べる瞬間

先日水槽を撮影した写真で、ハードディスクの容量節約の為に、
明らかにブレたものや、露出の良くないカットを選別して削除していると、、、
一枚、なにやら気になるカット発見。

あれ? 
これってラミレジィ、何か食べてる?

iPhotoでトリミング後、更にアップにして、ラミレジィの口元をよーーく見ると・・・
あ!巻き貝を食べてる!
e0240394_539442.jpg


前からラミレジィを入れるとカワコザラガイを筆頭に、多少貝が減っているので
バジスバジスほどでは無いにしても、食べてるんだろうなぁと思ってはいたが、
こうして実際に写真に写ったのを見て確信した。

ラミレジィは貝を食べている(少なくとも我が家では)

e0240394_5333276.jpg



今日のBGM
Q-Tip / The Renaissance
by 60-30-36 | 2011-12-07 05:49 | ラミレジィ

夜間のPH、GH、KHを測ってみた #2

e0240394_436892.jpg


化粧砂のADAナイルサンドのみを使用した60cm水槽の硬度を測ってみた。
前回の水替えから6日経過、
照明消灯後から11時間後の午前4時に測定。

3日前が下記の数値

PH = 7.4
KH = 4
GH = 5 (TH = 90mg/l)

 ↓ 今日は、

PH = 7.5
KH = 4
GH = 4 (TH = 70mg/l)

GH(総硬度)が1下がっている、TH(全硬度)で計算すると・・・約20mg/l 減少。
総硬度が下がったのはリバースグレイン・ソフト6.8が効いている、と考えて良いと思う。
KHは変動無し。適正の範囲内にはなっているような気もしないでもない。
だんだん混乱してきたが、、、
KHが高いと緩衝作用が高い = PHが変動しにくい 
KHがGHより高くなることは無い(例外もある?)

と覚えてるが、特に応用出来る事も無く・・・
KH、GH、PH、この関係性はまだ理解できていない部分が多いので今後の課題にすることにする。

もうひとつよく分からないのが、、、、
CO2濃度はほぼ一緒なのに、隣のレイアウトではすぐに気泡でいっぱいだったボルビティスが、
このレイアウトに移動してからは、何時間経っても気泡を全く付けない。
(1)KHが高い事が原因か?
(2)照明がメタハラなのが原因か?

昨日消灯前はCO2濃度が20mg/lもあった。10秒で10滴にしてはずいぶん数値が大きいような・・・
ちなみに、PHは7.0だった。これもKHが関係しているように思うがイマイチ理解が出来てない・・・。
アマゾニアだけで作ったレイアウトはこんな事問題にならなかったなぁ・・・。
ソイルはなんて偉大なんだ。
うーーーーーーん・・・・ だんだん眠くなってきた・・・。
今日はこれにて閉店。
e0240394_4374227.jpg


今日のBGM
Gil Scott-Heron & Jamie XX / We're New Here
by 60-30-36 | 2011-12-06 04:41 | リバースグレイン・ソフト

追加した侘び草 有茎草MIXの様子など

侘び草 有茎草MIX、を新たに追加して4日目、
最初に買った物は最初のトリミングをして1週間経過。

追加分はまだ全て水上葉だが、ちゃんと生長をしている。
左は、ロタラ・ナンセアンが6割ほど、ミリオフィラム・マトグロッセンセが少々
真ん中は、グリーンロタラ、セイロンロタラ、など
右は、ロタラ・インジカっぽい赤い茎とリスのしっぽ風な細かい葉が半々。

その他にも多数生えてきているが名前がパッと分からない(リムノフィラ?)
草もあるので、今後調べていこうと思う。

ふと、、、
侘び草のメリットを考えて見た。
(1)飽きたら別の侘び草に交換出来る、リフレッシュ。
(2)化粧砂とソイルの敷き分けをしなくても有茎草が楽しめる。ソイルが崩れてこない。
(3)トリミングなど上手く管理すれば意外とコストパフォーマンスは良い。

どれもADAが勧めている理由と同じになった。
最近のADAViewなど見てもやたらとADAの「侘び草押し」が目立つが、
理由はどうであれ、自分にも水草水槽が出来るかも、と言う人が増えるのは良い事だ。
どんどん売って、レイアウト人口を増やして欲しい。


        第1回のトリミングから1週間が経過した侘び草(手前2つ) ↓
e0240394_2323859.jpg
  

             3個あるうち、1番右が追加した侘び草(まだ水上葉) ↓
e0240394_2323937.jpg


         突き出し方がお気に入りのADAジャティウッド(1本のみ使用) ↓
e0240394_2454371.jpg


        流木は綺麗なのに立ち上げからずっと油膜が無くならない・・・ ↓        
e0240394_2454534.jpg



今日のBGM
Augustus Pablo / East Of The River Nile
by 60-30-36 | 2011-12-05 20:00 | 侘び草

ラミレジィを隔離した

e0240394_201785.jpg


新しく買ってきたオスのラミレジィ(ドイツラム)が
先住魚のメス(ワイルド)を1日中、理由は不明だが追いかけ回して、
メスはエサを食べることも出来なくなってしまった、
3〜4日様子を見てみたが、変わらずオスが攻撃?威嚇?求愛?をし続けるので、
購入先のお店に問い合わせたところ、、、オスを別水槽へ隔離することにした。
ペアになる時はいくつか条件があるそうで、体格やその他いろいろあって
「メスがお腹に卵を持っているとペアになる確率も上がる」との事。
3〜4週間は隔離してメスの体力復活とタイミングを見ることになった。

照明点灯してすぐなので、45cmはPH7.0、60cmはPH7.6、
0.5の差は大丈夫だろうと、、、
水温もほぼ同じだったので、水合わせもしないでそのままポチャン。

ん?
あれ?やたらラミレジィの呼吸が荒い・・・、

ただ驚いているだけなら良いのだが・・・。
また取り出すのもダメだと思いしばらく様子を見ていると、
呼吸の荒いラミレジィに興味があったのか、エンゼルがやたらと近くに来て
食べてしまうのか?!と思うほど興味津々でずっと見つめていた。
軽く食事をして雑務の後、記念撮影しておこうともう一度確認すると、
お!エラの動きもほぼ通常通りで遊泳している。色も抜けていない。
まずは一安心。
次は5〜10分でも水合わせをしてあげようと反省したのであった。


          導入後、何故かしばらく一緒に居たエンゼルとラミレジィ ↓
e0240394_202176.jpg


e0240394_20557.jpg


今日のBGM
ゆらゆら帝国 / 空洞です
by 60-30-36 | 2011-12-05 02:29 | ラミレジィ

ホワイトエンゼル初撮影、メンテ少々

e0240394_101522.jpg


エサのついでに20枚程撮影してみた。
まだ警戒しているのか水面までエサを食べに来るのに時間が掛かっている。
水草の緑を背景に真っ白い体が凄く綺麗でエンゼルフィッシュの美しさを再認識した。
ヒレが見切れてしまったがブレてない写真をいくつか。
e0240394_101377.jpg

ショップでは「スノーホワイトエンゼル」と書かれていた魚で、1匹1400円。
カージナルテトラとの混泳も色合い的に相当良さそうな予感。
こんなに綺麗な混泳なら7匹居るカージナルを15〜20匹くらいに増やしたい所だ。

他に今日の出来事は、
(1)隣のリセット待ち水槽からボルビティスとミクロソラム・ナローを全て移動、
(2)隣のリセット待ち水槽からエビを全て化粧砂のみ水景に移動、
(3)ソーラー1の点灯時間をガラス面のコケが落ち着くまでは8時間→6時間に変更、
(4)茶色くなっていたアヌビアスナナ・プチの古葉を数枚カット
(5)ラミレジィのケンカ対策をオスを購入したH2目黒店に問い合わせ
(6)チャームにて、AXY nexus 606のT5専用交換球を2本注文。リセット時に6本全て交換予定。


ここ数日で若干変更を加えたナイルサンドのみ使用水景の詳細は

低床・・・ADAナイルサンド
照明・・・ソーラー1 水面からの距離40cm、点灯時間6時間
フィルター#1・・・テトラEX75ユーロ(バイオリオ) 
フィルター#2・・・エーハイム 2213(バイオリオ + リバースグレイン・ソフト6.8 + ブラックホール)
吸水・・・ADAリリィパイプ V-3
排水・・・ADAリリィパイプ P-2(EX75)  do!aquaポピーグラス PP-1(2213)
ホース・・・シリコンホース
エアーレーション・・・エアーマスター(ポンプは水心SSPP-2S)
CO2添加・・・CO2マスター、グラスカウンター(10滴/10秒) 、電磁弁、ミドボン5kg
水草・・・ボルビティス、アヌビアスナナ・プチ、ウィローモス、ミクロソラムナロー(トロピカ)、
     ミクロソラム本ナロー、侘び草有茎草Mix(3個)
液肥・・・ブライティK(1日 3プッシュ)、ADAグリーンゲイン(3滴)


          移動したボルビティス・ヒュデロティ(トロピカ)  ↓
e0240394_10101.jpg


今日のBGM
The Beatles / Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band [2009 Mono Remaster]
by 60-30-36 | 2011-12-04 02:08 | 60cm(ナイルサンド水景)

夜間のPH、GH、KHを測ってみた

今日は楽な仕事で、余力が残っていた為、
化粧砂のADAナイルサンドのみを使用した60cm水槽の硬度を測ってみた。
前回の水替えから3日経過、
照明消灯後から11時間後の午前4時に測定。

PH = 7.4
KH = 4
GH = 5 (TH = 90mg/l)

エビは活発に活動中。
この測定結果を見る限り、
リバースグレイン・ソフト6.8の効果はあまり感じ無い。
パッケージの特徴には、PH = 6.8、KH = 1、GH = 1 になると記載している。

活性炭のキョーリンブラックホールを入れているのも、PHを上げる原因になっているのでは?
と思うようになったので、今度ブラックホールも1度取り出して様子を見てみようと思う。
ただ、、新しめの流木ばかりなので、飼育水がすぐに茶色になってしまうが・・・

アクアジャーナルを見ていると石組レイアウトで、TH = 20mg/lなんて記述もあるのは、
新潟の水が良いのか?それともアクアソイルだけでそこまで低下するのか?
水草の生長が、GHやTHだけの問題では無いのもなんとなく理解してはいるものの・・・
どうせなら推奨とされる範囲になって欲しいと思うのは、まだまだ数字に踊らされてるなぁ・・
と、そんな事を考えながら寝ることにした。

         前回の水景の別角度、凸型構図は斜めから写すのが難しい ↓
e0240394_5125036.jpg



今日のBGM
Albert Hammond Jr. / Albert Hammond Jr.
by 60-30-36 | 2011-12-03 05:15 | リバースグレイン・ソフト

ラミレジィのオス追加、その後

一昨日、メス(WILD個体)が1匹だけ居る45cm水槽にオス(ドイツラム)を導入したのだが、
昨日の給餌の時にしばらく観察していると、
オスがメスを終始激しく追いかけている・・・

「あ〜また追いかけ合いか・・・参ったなぁ・・・」

と萎える気持ちを抑えて、
1〜2時間自宅での仕事を済ませ、出かける時に再度状況確認してみると、、、

「あれ?仲良く寄り添ってる・・・」

理由はよく分からないが、
やった!これで安心!とご機嫌で仕事に向かって数時間後、自宅に戻ったと言う嫁さんに
「ラミレジィどう? 仲良くしてる?」とメールをすると、、、

「メスがオスを追いかけてるよ、小さいのにオスより強いんだね」と返信が・・・

「ん?メスが? ・・・・・・・・。」

もう訳が分からない。
あまりに激しく追うようなら、またどちらかがストレスで死んでしまう。
3〜4日様子見て、仲良くできないならショップに電話してみることにした。
この水景、隠れるところがまるで無いのも悪いのは自覚しているが、
綺麗な水草レイアウト水槽を作る、事が大前提にあるので、
それならどちらか1匹を大事に飼うのが最善策と言う結論へ。
明日は仲良くなっていますように。

         エンゼルがまだ1匹生存、ラミレジィを導入する前の45cm水景  ↓
e0240394_2572156.jpg

Nikon D7000
Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM
ISO 1600
f11
1/45

今日の教訓
ラミレジィはペアになっている個体を買うべし。
by 60-30-36 | 2011-12-02 03:27 | ラミレジィ

エアーマスターが壊れた

昨日帰宅してリビングに設置している45cm水槽を覗くと、、、、
「あれ?エアーが出てない・・・」
水心のポンプは動いているし、チューブを外すと「シュー」と聞こえるので、
エアーマスター周辺をよーく見てみると、、
チューブ接続部分のシリコンから、「エアーが漏れている!」
どうりでこの頃少しずつエアーの量が減っているような気がして、
また洗浄をしないといけないなぁと思っていたところだった。
              
            この赤で囲った部分からエアーが漏れていた ↓
e0240394_2362245.jpg



何かの拍子に引っ掻いたりして剥がれたのか?経年変化なのか?
理由は分からないが、急いで予備で1個買ってあった物に交換する事に。
ところが、、、、
予備に交換したのに、またエアーが出ない・・・

しばらく使っていなかったので「エアーストーンが詰まった」のかもと思い、
CO2マスターに繋いでいたグラスカウンターからのチューブをエアーマスターに繋いで
CO2を毎秒10滴以上の勢いで送ってみた。
そうすると、2〜3秒も経たないうちにブクブクと水槽内に排出されるようになった。
やはり目詰まりを起こしていたようだ。
チューブを繋ぎ変えてエアーポンプをONにすると今度は無事にエアーが出てきた。
これで安心して寝られる・・・。

それと、捨てる前にせっかくなのでどんな構造になっているか分解してみた。

e0240394_23517.jpg


e0240394_2282148.jpg


ちなみに、
本当ならエアーマスターは見えないようにしたいので
出来ればキャビネットに収納したいのだが、
うちはキャビネット内でホースに接続すると何故かエアーが出ない。
メーカーは水面から25cm以内に接続しないと動作が不安定になる可能性がある。
と書いてはいるが、他のブロガーさんの記事をみるとみなさんキャビネット内に
設置して問題無くエアーが出ているようで・・・。
これが見えなくなるとインテリア性も更に高まるのだが・・・。
なかなか上手くは行かないみたいだ。

今日のBGM
Anita O'Day / Anita O'Day Swings Cole Porter with Billy May
by 60-30-36 | 2011-12-02 02:55 | エアーマスター、CO2マスター