水草水槽 と 写真 と 音楽

<   2012年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ラミレジィの尾ビレ、かなり再生してきた

尾ビレの無くなっていたラミレジィ(ワイルド)メス。
前回の記事から10日が経過してさらに再生が進んでいる。
エサも以前と同じように、たくさん食べられるようになった。


        2月2日  ↓
e0240394_2562454.jpg

        2月12日  ↓
e0240394_2562644.jpg

食事中のメス。再生途中の尾ビレはハート型になっている ↓
e0240394_254169.jpg

        導入後、一番綺麗だった頃 ↓
e0240394_373476.jpg

移動中のオスは、他の魚に横取りされて食べられない為、大きい網で隔離してエサを与えている ↓
e0240394_254472.jpg

正面から見るとカクレクマノミに似ている気がする ↓
e0240394_2541026.jpg



現在のBGM
R.E.M. / Collapse Into Now
by 60-30-36 | 2012-02-15 03:13 | ラミレジィ

ミニS石組(レイアウト練習)

今日は、かなり久しぶりの休みになったので、
空っぽで数ヶ月放置していた、ADAミニS水槽で石組の練習をした。
31-18-24cmとキューブガーデン最小サイズ、
砂を敷いて15分が経過すると、まず第一案が完成。
数日眺めて、良さそうなら水を入れることにした。
生体はいまのところ導入の予定は無し。

ちなみに、
水槽の設置場所は以前プラティを飼っていた洗面台の左隅。

フィルター、水作のスペースパワーフィットS、

照明、アクアシステムのアクシーファイン13W、
上に10cmほどスペースがあったので、隙間にワイヤーで吊して埋め込んである。

ヒーターは入れていない、水温は20度前後になると思う。
CO2も無し、この状況で育つのはウィローモスかアヌビアスくらいだろうか?
何を植えるかはしばらく研究してみる事に。

石は龍王石を使用。
いつか石組をやりたいと思って、少しずつ集めていた物から選んだ。
低床はナイルサンドのみ。
ソイルだと何回も試行錯誤して、石を組み直しているうちに潰れてしまう為。
水温が高くなる初夏までの「限定」石組水景になると思う。


ナイルサンドを適当に敷いて ↓
e0240394_2174460.jpg


第一候補が完成、水はまだ入れない ↓
e0240394_2174220.jpg


ADAのポスターを見て、微妙な隙間の配置がやってみたかった ↓
e0240394_2174743.jpg


石には独特の「引きつけられる何か」がある ↓
e0240394_2174542.jpg




現在のBGM
Washington / I Believe You Liar
by 60-30-36 | 2012-02-15 02:51 | ミニS(石組)

サイアミーズ・フライングフォックス導入

エアーマスターが壊れたと思い新しく買うついでに、
チャームで購入したサイアミーズ・フライングフォックス2匹。
15分ほど水合わせして導入した。
翌日までは隅でジッとしていたが、3日後の今日は中層付近を泳ぐようになった。
ちゃんと髭コケを食べてくれる事を祈るばかり。

今日の水質は、
PH = 6.6
KH = 2
GH = 3

ここ数週間は数値が安定しているので、
間もなく投入2ヶ月になるリバースグレイン・ソフト6.8の効果がまだ継続している、か?
それとも、ナイルサンドが馴染んできた、か?

最近は、流木に大量に付く髭コケ以外は、大きなトラブルも無い。


チャームから届いた2匹のサイアミーズ、およそ3〜4cmの個体 ↓
e0240394_161323.jpg


念のため、しばらくはサランラップを簡易飛び出し防止対策とする ↓
e0240394_16764.jpg


ボルビティスは、先週に続き古くなった葉を数枚トリミングした ↓
e0240394_164284.jpg


投入後1ヶ月半が経過して新芽を出す勢いが増してきた、ミクロソリウムsp.トライデント ↓
e0240394_163718.jpg


トリミングから5週間が経過して、水面に達したセイロン・ロタラ、
メタハラ使用の為、侘び草の密度はあまり上がっていない ↓
e0240394_163480.jpg


エサを他の魚に取られてしまって、あまり食べられない隔離中のラミレジィ(オス)、
前回同様に網で隔離して、個別に与えないと痩せてしまう・・・ ↓
e0240394_162764.jpg


現在のBGM
Lightspeed Champion / Life Is Sweet! Nice To Meet You
by 60-30-36 | 2012-02-11 01:40 | 60cm(ナイルサンド水景)

リセットから37日経過(水替え、木酢処理)

リセットから37日が経過した。

少し前から流木に髭コケが目立つようになってきたので
水替え時、キッチンペーパーに木酢液を染みこませてパックした。

破片を吸い出しながらトリミング、
水の減りすぎを防ぐために前回と今回、2回に分けて作業、
モスの破片を後日まとめて吸い出す方法は、逆に面倒で却下した。

木酢液でパック前 ↓
e0240394_0441717.jpg

木酢液でパック後、紫色になって枯れてくれた ↓
e0240394_0442430.jpg

4日後の同じ箇所、綺麗に髭コケは無くなったが、流木の色が変わってしまった ↓
e0240394_021332.jpg


前回出来なかった部分をトリミング ↓
e0240394_046344.jpg


ブランチウッドの表面がツルツルで上手く活着していない気がする・・・ ↓
e0240394_046425.jpg

まだ髭コケは無し、今回のレイアウトはモスが綺麗に育たないと成り立たない為、一番避けたい ↓
e0240394_0532214.jpg


そういえば、、、

泡が出なくなって、壊れたと思った「エアーマスター・アドバンス」は、
翌日、照明点灯前にふと水槽を見ると
「あれ? ちゃんとエアーが出てる・・・」
と言うことで、、、しばし様子を見ることに。なんて気まぐれな・・・。
しかし、、、
次にエアーが出て無いのを見つけ次第、新品に交換する事にした。

故障したと思った、翌日の午前には新規購入したエアーマスターが届いたのだが、ひとまず保管中。





現在のBGM
The Whitsundays / The Whitsundays
by 60-30-36 | 2012-02-11 01:04 | 60cm(2012レイコン)

エアーマスターからエアーが出ない・・・

午前2時、帰宅していつものように薄暗い水槽を覗くと、、、
何か異変が、、、、

エアーマスター・アドバンスから「エアー」が出てない!

昨日までちゃんと出ていたのに、故障か!? 
と思いつつすぐにリリィパイプを少し持ち上げて、エアレーション開始。
隣の2217に繋いであるエアーマスターからは、勢い良くとても細かい泡が出ている。
試しにエアポンプを交換してみたが、結果は同じ・・・。
どうもうちのエアマスターはなかなか動作が安定しない。
水面から30cm以内に接続もしているし、その他メーカーの推奨通り使っているはず・・・。
ポンプも水作の一番大きな物を使っている。

解決策も考えつかないし、もう2年使ったので、
寿命だと思って新しく注することに。

HPに行ってみると、少し前にマイナーチェンジがされていた。
「チューブ接続部を太くして強度アップ」
「ロゴが入ってCO2マスターとの判別が容易に」などなど。

価格は12mm径の物が、
waterplantsworldさん直販で2.480円(2年使えば1ヶ月約103円)
チャームで買うと、2.630円(2年使えば1ヶ月約109円)

そういえば、、、
化粧砂レイアウトで増えてきた髭コケ対策に、
サイアミーズ・フライングフォックスを導入しようと思っていたところだったので、
送料を考えるとやっぱりチャームがお得!
という良く分からない理屈でチャームにて新品を即購入。
サイアミーズは2匹で530円。

実は水草を始めた頃、アクアジャーナルを読んでサイアミーズを1匹買ってきたところ、
数日でウィローモスの新芽を丸坊主にされ、
更には、水を水槽の上から2〜3mmまで入れていたので
すぐに飛び出して、干からびてしまった・・・。
※当然、同時期に導入したラスボラも10匹ほどダイブした。

あれから2年、
水位は地震の影響もあって結構下げてあるので、再度挑戦してみることにした。
「慣れれば飛び出さなくなる」らしいので、しばらくは4隅に飛び出し防止も施して。


流木にはたくさん髭コケがついているが、今のところ水草にはほぼ付かない ↓
e0240394_256409.jpg




現在のBGM
Pas/Cal / I Was Raised On Matthew, Mark, Luke & Laura

by 60-30-36 | 2012-02-06 03:25 | エアーマスター、CO2マスター

ラミレジィの尾ビレが再生してきた

オスに追いかけられ続け、尾ビレが完全に無くなっていたメスのラミレジィ、
オスを隔離して1週間頃から、尾びれが少しずつ再生してきた。

給餌の時は水流でエサが流れてしまって、食べにくいだろうと、
フィルターを止めて数粒ずつ与え、食べきったらまたエサを落とすを繰り返した。
その甲斐があってか、ここ数日は以前の様にエサを持って近づくと、
水面まですぐに寄って来るようになった。

今回は尾ビレも完全に無くなって、呼吸も常に荒いし、色も黒くなって
さすがにもうダメかも、と半ば諦めていたところもあったので魚の生命力に驚かされている。



尾ビレの根元に出ていた出血したような赤い斑点もかなり消えた ↓
e0240394_522319.jpg

尾ビレの再生と共に、黒くなっていた体色も元気だった頃の状態にほぼ復活した ↓
e0240394_5222968.jpg


現在のBGM
Rupa & The April Fishes / Este Mundo
by 60-30-36 | 2012-02-05 05:28 | ラミレジィ

吸水パイプはアクリル製がお気に入り

2本ある60cm水槽の吸水パイプは普段、
ADAの「ニューリリィパイプ V-3」を使っているのだが、
実は、、、
ヤフオクで落札した「アクリル製の吸水パイプ」が結構お気に入り。

V-3がキスゴムを使わないと固定できないのに対して、
このアクリル製の物は引っかけるようにしてそのまま固定ができてしまう。

しかも、

軽くて、割れない

ガラス製と全く同じで、汚れたらハイターですぐに綺麗になる。
価格も確か2000〜3000円で落札したと思う。
V-3は、8400円。
自作している人もたまに見かけるので、自分で作れる人は更にお得。
うちでは2本落札して、リリィの吸水と交互に入れ替えて使っている。

排水は、リリィパイプが機能、見た目で優勝でも、
吸水は、扱いの手軽さから若干アクリルが勝ると思う。

ちなみに、ホースは「シリコンホース」を使っている。
以前「クリアホース」を使っていたときは、少しでも汚れるとすぐ見苦しくなってしまって、、、
更には、硬化してくるとパイプを外す時にいつも心配だった。
シリコンホースは汚れもすぐ落ちるし、柔らかくて取り外しも簡単で言うこと無し。

スーパージーでピカピカになった「アクリル製 吸水パイプ」 ↓
e0240394_371798.jpg



現在のBGM
Team Me / To The Treetops!

by 60-30-36 | 2012-02-04 13:46 | 水草レイアウト

侘び草、2度目のトリミングから4週間が経過

ナイルサンドのみを敷いたレイアウトに、3個置いた侘び草有茎草MIX
2度目のトリミングから4週間が経過した。

少し前にフィルターを2217に変えた事による、水流の強さが心配だったが、
今のところ目立ってコケが増えたり、何かトラブルのような事は起こっていない。
このレイアウトは、フィルターを変える前から流木にはすぐ髭コケが付いていたので、
今後水流の増加で髭コケが「急増」しない事を願う・・・。


真ん中の侘び草、圧倒的にセイロン・ロタラの育ちが速い ↓
e0240394_291830.jpg


一番左の侘び草はナンセアン、グリーン・ロタラ、アンブリアが中心に植えてある ↓
e0240394_292156.jpg


ラスボラが居なくなってエサをちゃんと食べられるようになったホワイトエンゼル ↓
e0240394_293578.jpg


頻繁にカットしているのが良いのか、絶好調を維持しているボルビティス・ヒュデロッティ ↓
e0240394_293488.jpg


陰性水草は彩度を落とした写真が似合う ↓
e0240394_293361.jpg



現在のBGM
Fruit Bats / The Ruminant Band
by 60-30-36 | 2012-02-04 02:39 | 侘び草

リセットから31日経過(モスをトリミング)

リセットから31日が経過した。
ウィローモスが結構伸びてボサボサになってきたので、密に活着させるため
右側にある流木に活着させた部分をトリミングした。

ウィローモスはカットすると沈んでしまう為
これまではホースで吸い出しながら、カットしていたが、、、
今回は時間の都合上、網で掬いながら細い流木数本分だけカットした。

60cm水槽で水と一緒に破片を吸い出しながらカットするとすぐに大量に水が減ってしまう。
そこで、次回からフィルターを止めて全てカットして、
しばらくして低床に落ちて溜まったところを一気にホースで吸い出す方法にしてみる。
水量のある水槽ならモスのカット中いくらでも吸い出せそうで憧れてしまう。


トリミング前のウィローモス、新芽がたくさん出ていて綺麗↓
e0240394_1521061.jpg

絶好調、クリプトコリネ・ウェンティ(ブラウン)トロピカ社 ↓
e0240394_1521795.jpg

今回生長が一番遅い クリプトコリネ・ペッチー(トロピカ社) ↓
e0240394_1521889.jpg





現在のBGM
Alela Diane / Alela Diane & Wild Divine
by 60-30-36 | 2012-02-04 02:07 | 60cm(2012レイコン)

7ヶ月が経過したミニLとNEWアマゾニア

リセットから7ヶ月が経過したミニL水槽、
検討している人の参考になればと、NEWアマゾニアの状態を写真に撮ってみた。

後ろから撮影 ↓
e0240394_50285.jpg


最下部にはパワーサンドSを1リットル使用している。
45-24-30と水深がそこまで深く無い事も理由なのか、粒はほぼ崩れること無く残っている。
相変わらず髭コケが全く出ない。ラン藻が出たことや、水が濁ったことも無い。
以前と違う事と言えば、ソイルが旧アマゾニアからNEWになったことだけ。


唯一の悩みは、、、
エレオカリス・ビビパラがもっと長く伸びて欲しいのに、
子株ばかり作って、水面に到達することも無く育っている。
根はかなり深くまでしっかり張っている。
先月頃からグロッソスティグマの生長が鈍くなってきたので、
低床の栄養不足なのかと思ってマルチボトムを少し追肥してみたが、
ビビパラ、グロッソ共に未だ生長の変化は感じられない・・・。

この位の長さで子株ばかり増えていく ↓
e0240394_565790.jpg

横から見ると、せり出すように前面に生長中で、確実に密度は上がっている ↓
e0240394_564293.jpg



このレイアウトは、まだまだこのまま維持できるはずだが、新しいレイアウトを思いついたので、
まとまった時間が取れたら2度目の撮影をして、リセットしようと思っている。

e0240394_539465.jpg



現在のBGM
Bongo Herman / Trojan Nyabinghi Box Set (Disc 3)
by 60-30-36 | 2012-02-03 05:01 | 水草レイアウト