水草水槽 と 写真 と 音楽

<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ADA Viewを見ていて感じた事

毎日のように配信されるADA View、
通知が来る度に見てはいるのだが、
立ち上げから1〜2ヶ月は、毎週いろいろな変化もあって
楽しく観ていたレイアウトも、半年程度が経過してからは
「今回の動画、前回とどう違うの??」 と感じる事がとても多くなった。
音声や字幕で解説が一切無いのであれば、
せめて同じ水槽を、1ヶ月単位で続けて観られるようにするのはどうだろう??

ADA viewで、毎回メンテナンス後の綺麗な状態ばかりではなく、
管理している様子も配信してくれると良いのだが・・・。

植栽やレイアウト中の様子などはちゃんと配信するのに、
管理中の動画こそ、初心者が一番知りたい情報では?思ってしまう。
少なくても自分は、日々のメンテナンスが観たい。
そのほうが自社のメンテナンス器具も売れると思うなぁ。

天野さんは写真家でもあるので、NIKONやCANONとコラボして、
コンデジやデジタル一眼でのレイアウト撮影講座とか?
例えば「ADA meets NIKON 」なんて素敵だけどなぁ。

アクアジャーナルのバックナンバーを有料でも良いので、
ネットで回覧出来るようにするとか。
ヤフオクでマメに探してはいるが、
なかなか出てこない号もあって、まだ全て読めていない。

決して文句が言いたいのでは無く、せっかく20周年だし、
どうせ時間を掛けて撮影して世界配信するのなら、
もっとおもしろい内容にすれば?、という願望。

今のままで十分面白い! と思う人もたくさんいるのかも知れないが、
まだまだ初心者の自分には、化粧砂の掃除をしている様子や、
髭コケを自社のプロピッカーで削り取ったり、
静止画のアクアジャーナルでは、伝わらない細かいメンテナンスの方法など
レイアウト水槽ごとに違うはずなので、それを観たいと思ってしまう。

水草を始めた頃に、プロピッカーを買ってはみたが、イマイチ綺麗に取れなくて、
しばらくは使って、結局ツメなどで擦って落としている・・・

メンテナンスの方法や、様々なコケの形、色、症状、対策などは、
色々な人のブログを読んで覚えていったし、
プラナリアやヒドラの事も全てブログからの情報。

特約店では、基本は接客中心で、メンテナンス風景をじっくり見る、教わる。
なんて事は余程常連さんじゃないと、なかなか難しいように思う。
そもそも、、、
超個人的意見なのは承知の上で書くと、
水草屋に限らず、良く行く中古レコード屋や、洋服屋、飲食なども
常連さんばかりが、無駄に長居しているお店はちょっと苦手。
親族が飲食業を経営しているので、余計にそう感じる。


話は変わり、

今回初めて使った低床素材、
アルティメット・グラベルやアルティメット・バクターの効果が、
はっきりと分からずにここまで来てしまった。

もっと水質について熟知した人が使えば、効果を実感できたのかもしれない・・・

この頃、そんな事を思いながら、ADAの配信動画を見ていると、
1年近く経過した水槽でも、かなり綺麗に管理されていて、
長期維持の秘訣はなんだろう? といつも不思議に思う。

特にウィローモスは、照明を10時間も点灯させているのに、
どの水槽もとても綺麗で、感心してしまう。(モスは苦手意識が強い)
非常にマメに手入れされているのは、当然ながら、
新潟の水はかなり良いと聞くので、原水の良さも多少は影響しているのだろうか。

いっそのこと、パワーサンドやアルティメット・グラベルなどは使わずに、
「プロジェクトソイル・エクセル」などの
栄養分を豊富に含まない?ソイルだけを敷いてレイアウトしたほうが、
レイアウト完成までは時間が掛かっても、綺麗に長期維持できるのか?
と思ったりしている。
ソイルの価格はアマゾニアの倍するが・・・
ADAしか知らないでここまで来たので全て未知の世界。

そんな事を思いつつ、次回のレイアウトを考えている。

長文になってしまった・・・・が、

一言で表すならば、、、

「様々な水槽での、メンテナンス風景をたくさん配信して欲しい」

以上!



髭コケ以外のコケは全く出ない、ナイルサンドだけを低床に敷いた水景、
撮影は5月末、油膜が少しだけ写ってしまったのが惜しい・・・。
撮影時の照明は、ソーラー1(NAMH)のみ。

現在スネール大発生、流木は髭コケまみれ。 ↓

e0240394_039724.jpg

Nikon D7000
Sigma 30mm F1.4 EX DC HSM
ISO 1100
f 9.5
1/90




現在のBGM
Electric Guest / Mondo

by 60-30-36 | 2012-06-28 00:54 | 水草レイアウト

2012.レイコン水槽(撮影1ヶ月が経過)

2012レイアウトコンテストの撮影から1ヶ月が経過した。
リセットからは6ヶ月が経過。

撮影後、半分以上溶けてしまったクリプトコリネ・ウェンティ(ブラウン)は、
復活が遅く、まだ小さい新芽が少し出ているだけ・・・。

モスにも全長5mm前後の細かいアオミドロがビッシリ生えて、
ブランチウッドにも同じように付着している。

撮影後、低床にマルチボトムを差し込んだにも関わらず、
グロッソスティグマの生長速度がかなり遅い。

それでも、水は透明で、ガラス面にコケはあまり着かず、
少々のコケを気にしなければ、管理自体は特に手はかからないので、
ミニLを立ち上げた事もあって若干放置気味・・・。

クリプトがある程度復活したところで、
リセットする予定。


グリーン・ロタラ  ↓
e0240394_23143559.jpg

たった1匹で貝を駆除し続ける、バジス・バジス  ↓
e0240394_22533199.jpg

バジス・バジス  ↓
e0240394_22533094.jpg

3年前に飼い始めて、老化が見られる個体も出てきたラスボラ・ヘテロモルファ ↓
e0240394_22534162.jpg

小さい個体は撮影前に追加した  ↓
e0240394_2253403.jpg

逆行で撮影、この方法はアオミドロがあまり写らなくなる・・・  ↓
e0240394_22533561.jpg




現在のBGM
Hot Chip / In Our Heads
by 60-30-36 | 2012-06-27 23:38 | 水草レイアウト

ナイルサンド水景の近況

ナイルサンド水景、
ボルビティスの気泡が綺麗だったので、水替え前に少し撮影した。
若干油膜が出ていて、水面の透明度が足りないのが心残り・・・。

サイアミーズ・フライングフォックスはエサに見向きもせず、
色々な場所を突っついているが、増えるペースのほうが勝っているのか?
流木の髭コケが減る気配は無し。
綺麗だったアヌビアスにも、若干髭コケが付着し始めた。

毎日グリーンブライティ・スペシャルSHADEを添加していても、
水草、ガラス面にアオミドロは全く出ない。
全体的に水草の生長速度が遅く、貧栄養になっている気がするが、
管理がとても楽なので、しばらくはこのまま様子を見ることに。

薄く敷いたナイルサンドには、1ヶ月に1度ペースで、低床クリーナーを掛けている。


気泡だらけのボルビティス・ヒュデロッティ(トロピカ)  ↓
e0240394_416435.jpg

痛んだ葉をかなりカットしたボルビティスも、徐々に新芽を展開してきた  ↓
e0240394_4162249.jpg

前回の水替えから1週間ちょいで、ガラス面はこの状態、
ただ、流木の髭コケがかなり目立ってきたので、低床付近まで水を抜いて木酢処理の予定  ↓
e0240394_431216.jpg

立ち上げ中のミニLから移籍してきたテトラ・オーロと、カージナルテトラ  ↓
e0240394_4163089.jpg

Nikon D7000
Sigma 24mm F1.8 EX DG DF Macro
ISO 800
f 8
1/180



現在のBGM
無し
by 60-30-36 | 2012-06-26 04:52 | 60cm(ナイルサンド水景)

頂いたブセファランドラなど

先日、T.S.S.Wのrising-sun424さんから
ニューラージパールグラスと一緒に、
ブセファランドラを3種類も送って頂いたので、ご紹介を。
アヌビアスのようなクリプトのような草姿で、溶岩石に巻き付けながら、
「これが群生してたらかっこいいなぁ」
と葉っぱー?の方がハマるのも納得。

以下、
同封されていたメモを頼りに名前を入力。
間違えてたらすみません・・・。


ブセファランドラsp・クアラクアヤン 1  ↓
e0240394_1293619.jpg

ブセファランドラsp・クダカン  ↓
e0240394_1293892.jpg

ブセファランドラsp・カプアス 2  ↓
e0240394_1294034.jpg


それと、
先週、外部フィルターのろ材を洗って、
数日後には流量が著しく低下していたので、おかしいと思い、
吸水パイプを良く見ると、ブランチウッドの初期に出てくるような、
白い水カビのようなものが、
シリコンホースの中までびっしりと大量に付着していて、
明らかに、この「白いモワモワ」が原因で流量が落ちてると分かるほど・・・。
すぐに外して、洗浄すると流量は戻った。

特に水槽の状態が悪化している様子も無く、不思議に思い
店員さんに聞いてみると、
「粘菌では?」と教えてくれた。
殺菌灯や希釈した魚の治療薬で治るらしく、
特に水草や生体に悪さをする訳では無い「菌」らしいので、
今回は、そこまで酷くないと言う訳で、しばらく様子を見ることにした。
お香を焚いたりすると出ることがあるらしい。
このまま自然と治まってくれると良いのだが・・・。

吸水パイプに付着した大量の白いモワモワ(ブランチウッドの水カビに酷似)
この写真の状態から2〜3日でさらに付着量は増えていたので
急いでパイプ、ホースを洗浄した。  ↓
e0240394_130454.jpg



セイロン・ロタラ  ↓
e0240394_1385739.jpg



現在のBGM
Laetitia Sadier / The Trip
by 60-30-36 | 2012-06-25 02:08 | 水草レイアウト

45cm水槽(水草植栽)#2

ニューラージパールグラスを植えた後、
後景の草を植えて行く作業に進んだ。

中央部分は、ちょうどアーチ状になっていて、奥行きが出ているので、
背の低いヘアーグラス、
後景〜中景の繋ぎ役として、這って生長するらしいベトナムゴマノハグサ、

左右には
少し前から、別レイアウトの侘び草有茎草MIXから、
カットしてストックしていた、セイロン・ロタラを植えた。
ミニL水槽は、
水深が30cmしか無いうえに、盛り土をした為、
上部は実質15cm程しか、生長スペースが無いので、
頻繁にトリミングして維持していくことになりそうだ。

今回、有茎草のセレクトは、侘び草からたくさんストック出来た事と、
ロタラでは、トリミングに一番強いと言われるのも決めてになった。

それと、、、
最初は割高に感じた侘び草も、
セイロン・ロタラだけで200本以上、別レイアウトに流用出来たので、
安い買い物だったかもしれない。

ちなみに、チャームで、セイロン・ロタラは10本640円(水上葉)

最後の仕上げに、小石に巻いた南米ウィローモスを不自然だと思った窪みなどに、
前回レイアウトで使っていたミクロソリウム・ナロー(トロピカ)を流木の隙間に置いて
リセット作業は完了。
両サイドのブランチウッドの隙間は、そのまま空間にしても良さそうだし、
アヌビアス・ナナプチを置いても良さそうなので、
前景がある程度生え揃ったら決めようと思う。

足りなかったセイロン・ロタラは侘び草から来週にでも、追加で採取予定。


ノーマルのヘアーグラス、1POT分  ↓
e0240394_21372532.jpg

別水槽では深植えしすぎて、展開が異常に遅かったので、植え方に注意した ↓
e0240394_2143468.jpg

侘び草有茎草MIXから伸びる度に「植えっこ」を使いストックしておいた、セイロン・ロタラ ↓
e0240394_21372080.jpg

60〜70本はあったので余裕かと思ったら、少し足りなかった・・・ ↓
e0240394_21371884.jpg

初挑戦の「ベトナムゴマノハグサ」 ↓
e0240394_21371551.jpg

ベトナムゴマノハグサとヘアーグラス植栽後  ↓
e0240394_21371395.jpg

1〜2cmの溶岩石に巻いた南米ウィローモス ↓
e0240394_21371642.jpg

ブランチウッドと龍王石の窪みなどに置いた  ↓
e0240394_2137822.jpg

リセットから6日後の様子、背面から撮影、
左のブランチウッドがまだ浮くので、重りを乗せてある。  ↓
e0240394_23275243.jpg

斜め後ろから  ↓
e0240394_2340373.jpg


.....育成環境..... 2012.6.23日現在

水槽・・・ADAキューブガーデン ミニL (W45 D24 H30)
照明・・・アクシー ニューツイン 450(7時間点灯)水面から10cmに設定
濾過・・・エーハイム 2213 (バイオリオ)サブフィルター 2213(サブストラットプロ)
低床・・・パワーサンド、ペナックP、ペナックW、バクター100、クリアスーパー、トルマリンBC
ソイル・・・NEWアマゾニア
肥料・・・ブライティK(1プッシュ) 毎日添加
二酸化炭素・・・10秒5滴(パレングラスミニ使用)
エアレーション・・・消灯時(排水にエアーマスター使用)
水替え・・・2日に1度(2分の1)
夏期の冷却・・・テトラ クールタワーCR-2(排水の最後に設置)


現在のBGM
Yuna / Yuna
by 60-30-36 | 2012-06-23 23:22 | 45cm(ブランチ+龍王石)

45cm水槽(水草植栽)#1

石の配置が決まって、水草の植栽へ取りかかった。

足りなくなった石を買いに行った時に、
このままでは、今まで使った事がある草しか思いつかないので、
いつもアドバイスをもらっている、師匠、H2半田さんに、構図を見てもらい、
「何か面白いレイアウトになりそうな水草ありますか?」
と聞いてみたところ、
「南米ウィローモス、ベトナムゴマノハグサ」の2種類が良いですよ。
との事で、状態の良さそうなテネルス、ヘアーグラス各1POTと合わせて購入。
深夜帰宅後、早速植栽してみることに。

今回使用する水草は、

・南米ウィローモス
・ベトナムゴマノハグサ
・セイロン・ロタラ
・ニューラージパールグラス
・ヘアーグラス

・アヌビアス・ナナプチ(仮)
・ミクロソリウム・ナロー(仮)

まずは、ウィローモスを巻くところから始めた。
南米ウィローモスは、アクアジャーナルなどでも、
「活着力が弱いのでリシアラインで巻く」
と書いてあるので、1号の釣り糸で巻いた。


今回「初挑戦」南米ウィローモス  ↓
e0240394_1222291.jpg

ブランチウッドの鋭利な切り口など、不自然な所を中心に巻いた  ↓
e0240394_1222474.jpg

巻いてみると、結局は枝先が中心になってしまった  ↓
e0240394_1222515.jpg

南米ウィローモスを巻いた後、このソイルむき出しの状態が何故かかなり好き・・・。 ↓
e0240394_2255552.jpg

こちらも「初挑戦」大量に頂いた、ピカピカのニューラージパールグラス、  ↓
e0240394_1213557.jpg

そして、T.S.S.W、rising-sun424さん、なんと・・・
色々なブログなどで良く見かける、ブセファランドラ(3種類も!)をおまけで送って頂き、
ついにこのブログにも、ブセが登場することになりそうで・・・。本当にありがとうございました。
ブセの設置はまた今後のネタとして。 上手く育てば・・・
e0240394_121379.jpg

植栽前  ↓
e0240394_1212079.jpg

ニューラージパールグラス植栽後、贅沢に植えた、植え方が正解か不明  ↓
e0240394_1212470.jpg

続いて、エキノドルス・テネルス(水上葉)を植栽した  ↓
e0240394_243784.jpg

石と石、石と木の隙間を中心に植栽  ↓
e0240394_26457.jpg

幅1cmにも満たない場所にも、子さい株を植栽  ↓
e0240394_255744.jpg

真上から撮影、奥の隙間へランナーが伸びてくれると、更に自然感が増すのでは? ↓
e0240394_285612.jpg



植栽編、その2へ続く・・・・



現在のBGM
Galactic / Carnivale electricos
by 60-30-36 | 2012-06-22 02:14 | 45cm(ブランチ+龍王石)

45cm水槽(龍王石配置)

ブランチウッド2本の配置を決めた翌日、
次は石をその間に挟むように組んでいった。

天野さんの写真集「ガラスの中の大自然」を参考にしながら。

龍王石は、水に濡れると質感がかなり変わるので、
霧吹きで濡らしながら進めた。

最初は多めに、低床を埋め尽くすように置いて、
配置後いくつか小さい石を抜いた、
石の隙間から、テネルスが出てきて欲しかったので、
全て埋めずに、少しずつソイルが見える様に。

右側のブランチウッドは、2面にかなり直線的な切り口があるので、
そこを見せないように石を置くのが一番苦労した。

そして、
最後の仕上げに、中央から左右に向かって高くなるように、盛り土を施した。
最終的には、正面から見てちょうど良いと思ったのが、
一番高い所で15cmと、高さ30cmの水槽の約半分まで盛り土をした。
石を抜いて出来た隙間にもソイルを更に追加した。



石を置く前に上から撮影  ↓
e0240394_3133791.jpg

左側 ↓
e0240394_3133550.jpg

中央 ↓
e0240394_3133444.jpg

盛り土前、サイドから  ↓
e0240394_3133271.jpg

盛り土後、約15cmの高さまでソイルを足した  ↓
e0240394_3132970.jpg

石の配置が終わって盛り土をする前  ↓
e0240394_3133957.jpg

盛り土後  ↓
e0240394_3134275.jpg



最終的に写真で見て、低床の前面が少し厚く感じたので、
スプーンで掬って、1cm程薄くした。
エビに崩されて結局は分厚くなってしまいそうだが・・・

それと、
これだけ大量にレイアウト素材をいれると、水はどれくらい入るのだろう? 
ミニLは、空の状態で30L入るので、今回は20L前後だろうか・・・
今回3分の1を水替えする時は、10L? それとも6〜7L?
そんな事を考えながらこの日は終了。

ちょうど翌日、T.S.S.Wのrising-sun424さんから
プレゼント企画で頂いた「ニューラージパールグラス」が届いた。
H2目黒店で、足りない水草も購入したので、
次回、植栽編へ続く・・・



現在のBGM
The CLASH / The Singles
by 60-30-36 | 2012-06-20 03:58 | 45cm(ブランチ+龍王石)

45cm水槽(流木配置)

低床を作り終えたミニL水槽、、、

今度は、買ってきたブランチウッド3本を軽く組んでみて、
そこから、実際に使う2本を決めた。

次に、
組みながら撮影して、データを取り込んでモニターで見ながら、候補を2つに絞った。
レイアウト水槽は実際に見るのと、同じくらい写真で見るのが好きなので、
撮影した時の写り方はかなり重要。

写真を白黒にしたのは、
ブランチウッドの色味がバラバラでイメージがしづらいと感じた為。


- A -
e0240394_0173420.jpg

- B -
e0240394_0173699.jpg

- C -
e0240394_0173843.jpg

- D -
e0240394_0174076.jpg

- E -
e0240394_0174127.jpg

- F -
e0240394_0174398.jpg


植栽スペースの問題、切り株の不自然さ、などを考慮した結果、、、
DかE、の組み方で進めることにした。

ただ、、、

このままでは、これまでと同じような植栽パターンしか思いつかなかったので、、、
今回はここから更に「龍王石」を使って、
初の「流木+石」のレイアウトを作ることにした。

進めて行くうちに、手頃な大きさの龍王石が足りなくなったが、
せっかく綺麗な大きい石を割ってしまうのは、どうも勿体ない気がして、
この日はここで終了。

翌日、H2目黒店へ、レイアウトの相談も兼ねて、龍王石の買い足しに出かけた。
こぶし大の石を4つ購入し、的確なアドバイスも聞いて、
仕事から帰宅後、買ってきた石を含め更に進めて行った。

続きは次回・・・・


現在のBGM
Billy Bragg & Wilco / Mermaid Avenue

by 60-30-36 | 2012-06-18 00:38 | 45cm(ブランチ+龍王石)

45cm水槽(低床作り)

1年間維持してきた、リビングのミニL水槽をリセットした。
今回のレイアウトはブランチウッドと龍王石を組み合わせる予定。
気温も高くなってきたので、今年で3シーズン目の
「テトラ クールタワーCR-2」を設置した。


ピカピカになったミニL水槽 ↓
e0240394_9363337.jpg

使用する添加剤達、バクター100が無くなっていたので、バクターボールを潰して代用することに  ↓
e0240394_9363159.jpg

トルマリンBCを最下部に敷いた  ↓
e0240394_9363766.jpg

ペナックW、ペナックPをその上に添加  ↓
e0240394_9365120.jpg

初の試みとして、絶好調だった前回の低床を一部流用してみることに ↓
e0240394_9364538.jpg

半分残っていたパワーサンドを敷いて  ↓
e0240394_9364253.jpg

クリアスーパー、バクターボール4個分を添加  ↓
e0240394_9364089.jpg

NEWアマゾニアを敷いて低床作りは終了  ↓
e0240394_9363583.jpg



現在のBGM
Beck / Sea Change
by 60-30-36 | 2012-06-16 09:49 | 45cm(ブランチ+龍王石)

今日は写真だけ・・・#3

今日も早朝帰り、、、
ブログ更新しようと思って、写真の書き出しをしたら、、、
iPhotoのライブラリデータが壊れて読まなくなってしまい、
これからバックアップから再構築。早くて数時間はかかる予定・・・。
せっかくなので、
数日前に書き出しておいた写真だけでも更新を・・・。


ミクロソリウム・トライデント ↓
e0240394_4394039.jpg

新芽の透明な先端部分  ↓
e0240394_4394118.jpg

カージナルテトラ  ↓
e0240394_4394481.jpg

e0240394_4394398.jpg



現在のBGM
無し
by 60-30-36 | 2012-06-13 04:46 | 写真