水草水槽 と 写真 と 音楽

生長過程(オーストラリアン・ヒドロコティレ)

オーストラリアン・ヒドロコティレの生長過程



植栽から1日経過 ↓
e0240394_2355121.jpg

植栽から10日経過 ↓
e0240394_23551160.jpg

植栽から15日経過 ↓
e0240394_23551037.jpg




.....育成環境.....

水槽・・・ADAキューブガーデン (W60 D30 H36)
照明・・・ADAソーラー1(NAMH)7時間点灯 (水面から40cmに設置)
濾過・・・エーハイム2217(バイオリオ、ブラックホール)
低床・・・NEWアマゾニア
肥料・・・無し
二酸化炭素・・・10秒10滴(パレングラスTYPE2使用)
エアレーション・・・消灯時(排水にエアーマスター使用)
水替え・・・3~7日に1度(2分の1)



現在のBGM
The Brian Setzer Orchestra / The Dirty Boogie
# by 60-30-36 | 2012-09-01 00:00 | 水草の生長過程

水上葉の育成に初挑戦

先日リセットを行うタイミングで、前々から挑戦したいと思っていた、
「有茎草を水上葉化」して、増やすというエコ?な挑戦を始めた。

ちょうどそんなことを考えていた時、
Shinoppi De aquaで相談すると、
「少しなら使い古しのソイルありますよ」
と、、、
さらに発砲スチロール余ってないですか??
と聞いてみると、「あげます!」と提供してくれたのだった。
太っ腹シノピ店長に激感謝をしつつ、アクアジャーナル、ボンベや消耗品を買って帰宅。

早速、ストックしていた有茎草、

・グリーン・ロタラ
・ロタラ・ナンセアン
・ロタラ ロトンディフォリア ベトナム H'ra Gia Lai 産

の3種を植えて、ベランダへ置いてみた。

ところが、、、
翌日から仕事が忙しくなって、水を足すのを忘れていたら、、、
水が無くなってロタラはカラカラになってしまった・・・。
それでも、少しだけ展開しつつあった、新芽の生命力を信じて、
再び水をヒタヒタに張って、今度はほぼ毎日少しずつ足し水をしている。

果たして復活してくれるだろうか?
次のレイアウトで大量に使いたい、
ロタラ ベトナム H'ra Gia Lai 産だけでも復活してくれるといいのだが・・・。


ソイルと箱を提供してくれた、「Shinoppi De aqua」シノピ店長(iPhoneアプリ「Filter Mania2」使用) ↓
e0240394_2254676.jpg

発砲スチロールに入った使い古しのソイル (恐らくアマゾニア)↓
e0240394_22534952.jpg

水を張ってストックしていた有茎草を植栽  ↓
e0240394_22535365.jpg

ロタラ・ナンセアン  ↓
e0240394_22535595.jpg

4〜5日水をあげるのを忘れてカラカラに・・・  ↓
e0240394_2254396.jpg

カラカラになってしまった、ナンセアンの根本に水上葉らしき新芽が ↓
e0240394_22535969.jpg

グリーン・ロタラの茎だけを植えていたところにも小さい新芽が  ↓
e0240394_225411.jpg

SDAの流木コーナー、量も凄いが、価格の安さはもっと凄い  ↓
e0240394_2254748.jpg



現在のBGM
Common / Like Water For Chocolate
# by 60-30-36 | 2012-08-30 23:15 | 水上葉の育成

60cm(ソイル+化粧砂)40日経過

立ち上げから40日が経過した、60cm(ソイル+化粧砂)レイアウト。
最近の出来事は、


シペルス・ヘルフェリーの葉先が茶色くなった水上葉を10~15本ほどカット ↓
e0240394_1249840.jpg


小石に活着させたボルビティス・ヒュデロッティが不安定だったので、
半分程、直接ブランチウッドに固定した  ↓
e0240394_12484796.jpg


立ち上げ中の60cm(スマトラウッド)と、
トゲナシヌマエビを導入した45cmからヤマトヌマエビを全て移動したら、
2日間でテネルスが大量に食害されてしまった・・・

急いで半分ほど20cmキューブ(ストック水槽)へ移動、
あまりに食害が酷い葉を全てカットした。
ヘアーグラスも短くなってしまった。
かなりボロボロになったテネルスは復活してくれるだろうか・・・。

ヤマトヌマエビの加減はとても難しい・・・
お店に全て引き取ってもらい、トゲナシヌマエビだけを導入するか検討中。

それと少し前に、チャームでトゲナシヌマエビを注文する時、
久しぶりにノーマルのオトシンクルスを3匹買った。
e0240394_12485675.jpg


コケ対策というよりも、元々愛嬌があってとても気に入っていたのだが、
水草レイアウトを始めた頃、水槽上部から数ミリまで水を張っていた為か、
数匹飼っていた個体は、全てダイブしてしまった。

今回、しっかり水合わせをして、導入したはずが、、、
残念なことに、翌日2匹死んでしまった。
e0240394_1248537.jpg


現在この水槽には、

ラスボラ・ヘテロモルファ ×14
オトシンクルス・ノーマル ×1
オトシンクルス・ネグロ ×1
バジス・バジス ×1
ヤマトヌマエビ ×数匹

が生活している。
e0240394_12493132.jpg


酷かった「粘菌」は、マメにフィルターを洗って換水を続けた結果、出なくなってきた。

CO2の添加方法をCO2マスターからチャーム店舗で実際に見て気に入った
「CO2ストーンヌーボ」という物に変えた。
かなり細かいCO2の泡で、更にはパレングラスよりも洗浄が楽で良い商品だと思う。
ガラス製のジョイントを使えばとてもシンプルで整然として見える。
価格はジョイント込みで、2000円前後。
e0240394_1249067.jpg


コブラグラスは生長しているのか? 特に変化無し  ↓
e0240394_12492673.jpg

クリプトコリネは新芽を展開中。パワーサンド未使用の為か今までより生長が遅い ↓
e0240394_12492423.jpg

ブランチウッドに直接固定しているミクロソリウム・ナロー、順調に活着中  ↓
e0240394_12492957.jpg


サイドから撮影  ↓
e0240394_12491417.jpg




現在のBGM
Sigur Rós / Inni
# by 60-30-36 | 2012-08-29 13:01 | 60cm(ソイル+化粧砂)

20cmキューブを使ったストック水槽設置

前々から使わない活着水草を、ストックする場所が欲しい、
でも、新しく水槽を置く場所を作るのは部屋が狭くなって避けたい、
バケツは見た目が悪いし、、、と考えていたのだが、

ふと、、、

キャビネット下の空いているスペースに、小型水槽を置けないか?
と思いつき、測ってみると、横、奥行きが25cm前後あることが発覚。

25cmキューブを置くと、さすがに配線、配管がギチギチになってしまうので、
少し余裕を持たせるため、20cmキューブに決定。
早速チャームで注文すると、お値段なんと約1000円。

昔ミニSで使おうと思って買った、外掛け式フィルターと、LEDライトがあるので、
水槽だけあればすぐにストック水槽として稼働できる。

未使用のまま保管していた「ニッソー、フラットフィルターS」 ↓
e0240394_1641217.jpg

ライトは、GEX製、「AQUTE クリスタルスリムビームオーロラ450」↓
e0240394_1641464.jpg

低床を敷かない為、余っていたADAのろ材「バイオリオ」を水の落ちる部分に置いた  ↓
e0240394_1641345.jpg

設置中にガラス蓋を落として角が割れてしまった・・・ 透明のガムテープで補修  ↓
e0240394_1641692.jpg

設置完了、使っていなかった器具で素晴らしいストック水槽が出来た  ↓
e0240394_1641925.jpg



現在のBGM
Frank Zappa & The Mothers Of Invention / Freak Out!
# by 60-30-36 | 2012-08-26 16:20 | 水草レイアウト